お金を借りるとはどういうことか

お金を借りるとはどういうことか

現代はとても便利なので、お金を借りる方法は色々ありますが、消費者金融や銀行でキャッシングやカードローンで借りるという人が多いと思います。

 

一昔前までは、悪質な闇金が悪質な金利でお金を貸して、返済できなくなって社会的問題となったことがありますが、現在は警察の取締りで闇金も減り、消費者金融でお金を借りるときは、年収の3分の1しか借りられなくなりました。

 

しかし、手軽に借りられるというのはメリットにもなりますし、デメリットにもなります。

 

 

お金を下ろす事のできるカードはキャッシュカードのような見た目で、近くのATMなどから下ろす事ができるので、その便利さから、余計な金額お金を下ろしてしまう人も多いですし、利息や金利を把握しないまま使っていって、知らない間に借金が積み重なっていったと言う人も大勢いますので、お金を借りるときは、理性を持って、必要以上の金額を借りないほうが良いです。

 

もし、お金を借りていて返済できなくなった時は、ひとりで悩まず、借りた銀行のフリーダイヤルに電話してください。

 

借金を返すために借金をするのが一番よくないことで、悪循環に陥ってしまいますので、ひとりで悩まず、プロの人に相談して道を開いていきましょう。

 

【メンズエステ比較・評価】費用等で失敗しない男性エステ選び!

年金を担保にお金を借りる方法

 

高齢者になってくると年金生活になって、毎月入る金額って決められています。

 

でも結婚式や葬式があったり、住宅を改築する時などにまとまったお金が必要になる事もあると思います。

 

 

そういった時にお金を借りる方法があります。

 

年金担保融資というのがあり、独立行政法人が年金を担保にしてお金を借りる事が可能な制度があります。

 

借りられる金額は使用するものが結婚式や葬式など決められたものであれば10万円から250万円まで借りる事が出来、当てはまらない場合には100万円が上限となっています。

 

 

返済の方は年金支給機関から支払われる為に、返済でどこかに振り込んだり、返済をしに行ったりする必要がないので楽です。

 

そして利息の方も年金担保融資の場合には1.6%と普通にお金を借りるよりも比較的低い金利の為に負担が少ないのも特徴です。

 

しかし借りる為には連帯保証人などが必要となりますので注意が必要です。

 

 

また、この年金を担保にした融資には色々と条件があり、生活保護を受給していなかったり、お金を使う先がギャンブルなどであるなどする時には借りる事が出来ないのです。
このように年金受給者でもお金を借りる事が出来るので、まとまったお金が必要な時には頼ってみるのも良いと思います。

お金を借りる際の審査基準とは

 

お金に困って金融機関からお金を借りるとき、金融業者側も誰にでもお金を貸して、返済して貰えないケースが出てきては困りますから、借り入れをする人にちゃんと返済能力があるかどうかの審査があります。

 

それでは金融業者は審査をするとき、具体的には借り入れをする人のどこを見ているのでしょうか。

 

まず分かりやすいのは、借り入れをする人の収入やどんな職業に就いているかということです。

 

公務員等の安定した職業であれば当然審査に通る確率も高くなりますし、収入が不安定な職業等はそれだけ渋られることになります。

 

またそれらの職業にどれだけ長く就いているかということも、離職したりせず継続して返済して貰えるかどうかの判断基準になります。

 

他には借り入れをする人の健康状態や年齢も審査基準に入るでしょう。

 

長期にわたっての返済が必要になる場合には、最後まで払い続けられるかどうかの見極めも必要になってきますし、住宅ローン等の場合には生命保険への加入が必要になり、健康状態が悪いと加入出来ないことがあるからです。

 

忘れてはならないのが、借り入れをする人の信用情報です。

 

別の場所でお金を借りたまま返済が滞ったりすると、その情報は金融機関が参照できる場所に記載されますので、普段からそのようなことが無いよう気を付けなければいけません。